Archives:

海外でとるよりも国内が安心

海外で飛行機操縦士免許を取得したほうがはるかに安く簡単に取得できるからと、海外で免許を取得する人が増えてきています。しかし、日本では海外で取得したライセンスを国内用に無条件に書き換えることはできず、再度国土交通省による試験に合格しなくてはいけません。ここでは国内と海外で取得した場合のメリットデメリットをご紹介します。

学生国内で免許を取得したほうが、日本の空を飛行することに鳴れているため安全といえますが、海外に比べ取得にかかる時間も長く、費用も多くかかります。悪いことではないですが、試験も難しいので合格するまでの時間もそれに応じてさらに長くなります。ただ、外で免許を取得しただけでは、日本の空を飛行できる資格は与えられません

自家用操縦士の場合は、学科試験「法規」科目を再度受験しなくてはいけませんし、事業用操縦士の場合はさらに実技試験も一部ですが行われます。法規の試験合格後に提出しなくてはいけない書類もたくさんあり、とても大変です。住民票、航空経歴書などなどたくさんあります。海外で取得するメリットもたくさんあるのでそちらを選択するのもよいでしょう、ただし海外で取得したいときは、国内ライセンスへの書き換えも含めてサポートしている飛行機免許の取得スクールを選択することをお勧めします。