Archives:

海外でとるよりも国内が安心

海外で飛行機操縦士免許を取得したほうがはるかに安く簡単に取得できるからと、海外で免許を取得する人が増えてきています。しかし、日本では海外で取得したライセンスを国内用に無条件に書き換えることはできず、再度国土交通省による試験に合格しなくてはいけません。ここでは国内と海外で取得した場合のメリットデメリットをご紹介します。

学生国内で免許を取得したほうが、日本の空を飛行することに鳴れているため安全といえますが、海外に比べ取得にかかる時間も長く、費用も多くかかります。悪いことではないですが、試験も難しいので合格するまでの時間もそれに応じてさらに長くなります。ただ、外で免許を取得しただけでは、日本の空を飛行できる資格は与えられません

自家用操縦士の場合は、学科試験「法規」科目を再度受験しなくてはいけませんし、事業用操縦士の場合はさらに実技試験も一部ですが行われます。法規の試験合格後に提出しなくてはいけない書類もたくさんあり、とても大変です。住民票、航空経歴書などなどたくさんあります。海外で取得するメリットもたくさんあるのでそちらを選択するのもよいでしょう、ただし海外で取得したいときは、国内ライセンスへの書き換えも含めてサポートしている飛行機免許の取得スクールを選択することをお勧めします。


免許はどうやって取るの?

飛行機プライベートで楽しむ自家用操縦士免許の受験資格を得るためには、10時間以上の単独飛行、270km以上の距離、途中2回以上の着陸を含む5時間以上の野外飛行、夜間の離着陸を含む20時間以上の同乗教育飛行を行い、総飛行時間は40時間以上が条件となります。また、年に1回の身体診断と各眼裸眼または矯正で0.7以上の視力が必要です。さらに、年に3回の試験チャンスがある航空特殊無線技士にも合格する必要があります。受験資格は、17歳以上です。

仕事でパイロットとして活躍する資格がある事業用操縦士の免許の受験資格を取得するためには、機長として100時間以上の飛行、機長として540km以上の連続飛行でその間に2回以上の着陸を含む20時間以上の野外飛行、機長としての5回以上の離陸及び着陸を含む5時間以上の夜間の飛行、10時間以上の計器飛行、総飛行距離が200時間を超えることが条件となります。受験資格は18歳以上です。また、自家用操縦士免許と同様、指定された病院で身体検査を受けて、航空身体検査証明のを毎年更新することが義務付けられています。
そのうえで、学科と実技試験の両方に合格することでやっと免許が取得できます。


飛行機操縦士免許の種類

男の子なら、一度はパイロットになり飛行機をかっこよく自分で操縦しながら空を自由に飛び回ることを夢見たことがあるのではないでしょうか。飛行機の免許免許、国土交通省航空局が発行する操縦技能証明証が正式名称であり、回転翼と呼ばれるいわゆるヘリコプターと、固定翼と呼ばれる飛行機の2種類があり、さらにそれぞれに自家用操縦士の免許と事業用操縦士の免許の2種類があり、自分で趣味として楽しむか、プロとしてパイロットの仕事をするためのものかで違ってきます。

警察ヘリコプターの資格同様に、飛行機の操縦資格を持っていれば、高確率で就職ができます。事業用操縦士の資格があれば、警察や海上保安庁、自衛隊といった官公庁や、国土交通省、人命救助のために最短時間でたどり着き処置をするドクターヘリ、火災の時などに上空から水をまいたり救助を行ったり、支援物資を運ぶ防災ヘリなど活躍の幅はとても広くあります。広大な土地への農薬散布も飛行機を使うことで時間短縮にもつながっています。さらに、事件や災害時の報道にもヘリコプターや飛行機は大活躍です。

自家用操縦士の定義は、報酬を受けないことで、仕事としてではなくプライベートで楽しむことを前提とした資格のため、就職に役立つものではありません。また、航空会社の大きな飛行機を機長として操縦するには、定期運送用操縦士という資格が必要になり、事業用操縦士や自家用操縦士では操縦できませんので間違えないように気を付けましょう。

ここでは、固定翼の操縦技能証明書を取得するための方法をご紹介します。