飛行機操縦士免許の種類

男の子なら、一度はパイロットになり飛行機をかっこよく自分で操縦しながら空を自由に飛び回ることを夢見たことがあるのではないでしょうか。飛行機の免許免許、国土交通省航空局が発行する操縦技能証明証が正式名称であり、回転翼と呼ばれるいわゆるヘリコプターと、固定翼と呼ばれる飛行機の2種類があり、さらにそれぞれに自家用操縦士の免許と事業用操縦士の免許の2種類があり、自分で趣味として楽しむか、プロとしてパイロットの仕事をするためのものかで違ってきます。

警察ヘリコプターの資格同様に、飛行機の操縦資格を持っていれば、高確率で就職ができます。事業用操縦士の資格があれば、警察や海上保安庁、自衛隊といった官公庁や、国土交通省、人命救助のために最短時間でたどり着き処置をするドクターヘリ、火災の時などに上空から水をまいたり救助を行ったり、支援物資を運ぶ防災ヘリなど活躍の幅はとても広くあります。広大な土地への農薬散布も飛行機を使うことで時間短縮にもつながっています。さらに、事件や災害時の報道にもヘリコプターや飛行機は大活躍です。

自家用操縦士の定義は、報酬を受けないことで、仕事としてではなくプライベートで楽しむことを前提とした資格のため、就職に役立つものではありません。また、航空会社の大きな飛行機を機長として操縦するには、定期運送用操縦士という資格が必要になり、事業用操縦士や自家用操縦士では操縦できませんので間違えないように気を付けましょう。

ここでは、固定翼の操縦技能証明書を取得するための方法をご紹介します。


Comments are closed here.